沿革

当社の歴史は、大正9年8月、彦根出身の先々代 津田良太郎が、津田産業株式会社を大阪市に創業したことに始まります。創業当時は秋田杉を主力としておりましたが、時代の進展とともに広く輸入材も取り扱うようになり、鴨緑江材、米加材の輸入先駆者として、木材業界では名が知られるようになりました。「木」にこだわり続けることで独自の地位を確立し、今もなお内外から高い評価を得ております。

大正 9年 8月 大阪市大正区で創業
昭和18年 8月 現社名に変更
昭和38年 1月 九州にて植林、育林事業開始
昭和39年 4月 本社・大阪市住之江区の現地に移転
昭和43年 8月 カナダにツダ・カナダ社を設立
昭和49年 6月
 
ブラジルのクリチーバに
ツダ・コメルシオ・マディラ社を設立
ブラジルにて植林、育林事業開始
昭和50年 6月 住宅部2×4工法のオープン化に伴い、
分譲住宅建設・部材供給を本格化
昭和58年 1月 大阪合板工業(株)・津田木材工業(株)合併、
津田木材工業(株)となる
平成 4年 6月 株式会社ワールドファニチャー関東営業所開設
平成 6年 12月 2×4工法による西日本初の
「木三共」メープルコート竣工
平成 8年 10月 名古屋支店、事務所、倉庫移転、
2×4プレカット工場始動
平成13年 8月 80周年記念事業として
「ツダ・ダイナミックフェア2001」住宅展示会開催
平成15年 3月 在来プレカットシステム部 開設
平成16年 10月 津田木材工業株式会社 合併 
ツダモク事業部の新設
ページトップ
MORE GREEN TO YOU