木の家は二酸化炭素の排出量が少ない!!

住宅展示場に行くと木造住宅を始め、鉄骨や鉄筋コンクリートの住宅など、様々な家が見られますが、家を建てようとすると、必ず炭酸ガスを放出します。約40坪の家を建てるときに放出される炭酸ガスは、鉄筋コンクリート住宅では約22,000kg、鉄骨プレハブ住宅では約15,000kgにも及ぶのです。一方、木造住宅はたったの5,000kgで、鉄骨や鉄筋コンクリートそれぞれの1/3?1/4なのです。

住宅1棟(床面積136m2)当たりの主要構成材料製造時の炭素放出量 資料:岡崎ら、木材工業53-4(1998)

戻る
MORE GREEN TO YOU